お問い合わせ
CONTACT

コラム

コラム

【2022年10月期】住宅ローン最新金利

大阪で活動する住宅に強いファイナンシャルプランナー事務所FP Lab Route10 の住宅FP新谷です。

住宅ローンの最新金利情報をお伝えさせて頂きます。
なお地域や審査、購入状況によって金利等や融資条件が変わりますので参考までにして頂けたらと思います。
※主に大阪、奈良、和歌山、兵庫、京都
※ローンシュミレーション条件:資金計画4,000万、借入10割、期間35年、金利変動なし

【変動金利】

5位:ソニー銀行(10%自己資金が必要)

金 利 0.397%
総利息 約284万円
月支払 102,023円
 

4位:紀陽銀行(手数料定率プラン)

金 利 0.395%
総利息 約283万円
月支払 101,988円
 

3位::住信SBIネット銀行(REAL)

金 利 0.39%(ZEH住宅で▲0.05%)
総利息 約280万円
月支払 101,901円
 

2位:PayPay銀行

金 利 0.38%
総利息 約272万円
月支払 101,726円
 

1位:みずほ銀行

金 利 0.375%
総利息 約268万円
月支払 101,639円
 

 

【固定金利】フラット35

9割融資以上(10割融資)

金 利 1.75% ※前月比-0.03%
総利息 約1,352万円
月支払 127,431円

9割融資以下(9割融資、1割頭金)

金 利 1.48% ※前月比-0.03%
頭 金 400万円(借入額3,600万円)
総利息 約614万円
月支払 109,874円

【住宅FP新谷の所感】

変動金利は、若干の動きがありました。
数ヶ月3位をキープしていたauじぶん銀行のキャンペーン
終了したことによりランキング外へ降格し、
各銀行が繰上げられた状況です。
なお、その他銀行の金利変更はなく純粋にauじぶん銀行単独の降格となりました。

また、新たにランキングに入ってきたのが
ソニー銀行』です。
10%の自己資金は要しますが、0.3%台に突入しております。

フラット35に関しては、
前月比より▲0.03%で金利が下がりました。
10年国債とする長期金利が前月比+0.05%(0.25%)であったにも関わらず
逆の動きをした状況となります。
国の予算等の兼ね合いなどで稀に連動しない動きする場合もありますので、
広義の目線で金利動向は観察する必要はあると思われます。

そして今月よりフラット35は
金利引下げのポイント制度
がスタートします。

大事なのは、自分にあった住宅ローンであることです。
家の買い方やお仕事状況などやお金の考え方などで
多く変わりますので住宅ローン単体で考えるのではなく
返済方法や家づくり、生命保険など複合的に考察する必要が
ありますので、よく考えてローン契約をして頂けたらと思います。

 

▼▼▼ご相談は下記よりお申込みください▼▼▼

お問い合わせ

ライフプラン全般に関することは
お気軽にご相談ください。

TEL090-9717-2635 定休日:水曜日
営業時間:9:00~19:00

メールにてお問い合わせ